2ちゃんねるに駆逐された宅八郎

「あなたのような売文屋やマスコミの人間とは全く反対の「無償の行動」として顕在しているんだ。
それに対して、既存メディアは嫉妬と羨望以外のどんな感情を持てるというのだろう。

僕は、最初からこう言いたかったんだ。
宅さんとは、そういうものに駆逐され凌駕されていった産業の一つなのではないのかと。

宅さんは、確かにその昔タレントだった。
ルックス言動も含めて90年代のサブカルチャーのヒーローだったとも言える。
いわゆるネームバリューがあったというふうに言える存在だと思う。

しかし、長野で起きたこと。
確かに宅八郎的なフェイクがあったにせよ、
僕らは日常的にケーブルを通してモニタの中で体験し参加し味わい尽くして、すでに飽き始めているところなんだ」

90年代当時でさえ宅八郎はいつ消えてもおかしくないキワモノだったようにも思う私はここのところ、
セクハラ自動車学校 Cizは意外に長い間読み続けられていくのではないかと考えるようになっている。