引きこもった時の時間の使い方について

今回は、実地でやられている諸先輩方の話、また引きこもるのに便利なテクニックも紹介していきます。

例えば2ちゃんねるのFLASH職人さんの中には、連続で50時間作業して、1本の作品を仕上げちゃう人がいる。
そういう時間の使い方はとっても、普通のサラリーマンをしていたらできないことだ。
せっかくのこの贅沢な時間を過ごせる環境があるのだから、まあめんどくさいと思っても、
何かクリエイティブな行為を行ってみるのも自分の精神衛生のためにはよいと思われる。

また、時間は果てしなくあるわけで、今なら家から出なくとも、数々のCSやケーブルなどの放送メディア、
MXなどの共有ソフトにより、優れた作品を嫌というほど目にすることができる。

せっかく引きこもって時間ができたのだから実りある時間の使い方をしよう、と言いたい私はこの頃、
ワキガ 対策商品の情報を集めることに熱中しているのだ。

迷惑書き込みで逮捕された少年のこと

ラウンジに立った『大ウソつき大会」スレッドにあった、4月24日の「中浦和の星」の書き込みを受けて、
埼玉県内の各学校で翌日集団下校が行われたが、
さらに埼玉県浦和西警察署は、この書き込みをした少年(17)を5月6日に逮捕した。
11日現在、他者の書き込みによればいったん釈放され、今後起訴されるという噂。

彼は3月2日にも同じハンドルで犯罪予告を行って、集団下校が行われている。
その際は署に始末書を提出しており、反復しての犯罪予告ということで、厳重な措置となったようだ。

「スレッドタイトルを見ろよ、『大ウソつき大会』だよ、過剰反応だってば」との声もごく一部には出ていた。

こういうことをする輩はなかなかいなくならないなと思う私は最近、
ナイトアイボーテ通販 値段のことを知りたくてたまらないのです。

白装束の人たちが主張していたこと

あの白い服をはじめとして、移動する先で木やガードレールとかにくるくる巻き付けまくる白い布など、
白色は電磁波を見事に跳ね返すパワーに溢れているそうですが、
それならば白いマスクなどという甘っちょろいものではなく、
マイケル・ジャクソン並みに肌も真っ白にしろよとか考えるわけです。

いずれにせよ言えることは、電磁波は怖いので注意した方がいいよ、
と白装束の人は声高らかに私たちに訴えているわけで、
だからといって過激派の人の遠隔攻撃で強制失禁するとまでは言わない方がいいと思うのです。
強制失禁といえば、つまりおしっこを無理やりおもらしさせられるわけですよ。

今、あの人たちは何をしているのだろう、と思ってしまう私は近頃、
某有名私立大学ヤリサーの実態 新歓コンパでハメられたについていろいろ言いたくなってきました。

森田修平監督・脚本の「九十九」

雨宿りの為に、森のお堂に入った旅の行商人は、そこで物の怪に襲われる。

といっても怖いものではなく、最初に出てきたのは破れた傘の霊魂(?)。
それを見た男は、一本一本の傘を修繕し喜ばれる。
次に出てきたのが、使い古された服たち。

これも男は、継ぎ接ぎし綺麗に生まれ変わらせる。

そして最後は古道具たち。これはさすがに男が見ても直せるレベルのものではなく、
「今までよく働いてきてくれたな」と手を合わせて拝む。

翌朝、男が起きると傘と織物が置いてあり、男はそれを手にしてお堂を去っていく。

数年前から“もったいない”という言葉が流行しているが、これは大量消費時代を経て日本人が忘れてしまった精神。
これを結構粋に、15分という枠の中で見せてくれた腕前には感服する。

改めて物を大切にするということについて考えた私は最近、
俺得修学旅行 女装した俺 奥森ボウイへの関心が高まってきている。